日本の刀は人気がある

刀剣の処分は買い取りへ

遺産として残された刀の所有にお困りの方は、刀剣買取りを利用しましょう。現在の日本では刀剣類の所持には、銃刀法により管轄警察署への届出が必要です。そのため処分に関しても警察が管轄ですので、連絡をすれば引き取ってもらうことができます。しかし警察では引取りのみで買い取りはしていません。「登録証」や「刀剣類所持許可証」がない場合はいずれにしても警察への連絡が必要ですが、登録証や許可証があれば、そのまま刀剣買取業者に買い取ってもらうことが可能です。中には美術品として高い価値を持つものもあるので、事前に鑑定をしてもらうことをお勧めします。故人が残した宝ですので、専門知識を持つ方の手に渡るようにするのが良いでしょう。

買い取りの方法について

刀剣買取の方法には、店頭買取、宅配買取、出張買取の4つの手段があります。文字通り、業者の店舗へ持ち込んで店頭で買い取ってもらう、刀剣類を宅配で業者まで送り買い取ってもらう、自宅まで業者に出向いてもらい買い取ってもらうという方法になります。近場に店舗があれば店頭買取がいいですし、近場に店舗がない方は宅配買取がいいでしょう。また、出張可能圏内にお住まいの方で、売りたい刀剣がたくさんあるという場合は出張買取をおすすめします。業者ごとに扱う買取方法が異なるため、各社ごとにどのような手段が可能かチェックしてみてください。いずれも基本的には持ち出し費用不用で査定してもらうことが可能なので、気軽に活用できるでしょう。